城東中日記

2020年6月の記事一覧

テスト期間突入

本日より期末テスト前で、部活動中止になりました。全校生徒が一斉に下校しました。

生徒の皆さんは、きっとテスト勉強に精を出していることと思います。期末テストの範囲を確認しましょう。

今日は、1学期が始まってから、授業日として33日目でした。今回の期末テストは、37日間の授業で取り組んだ範囲でテストが作成されます。

臨時休校を考えていなかった時点の予定では、49日日間の授業の後に期末テストを実施する予定でした。

この数字から分かるように、例年より各教科テスト範囲が短くなっているはずです。このことを考慮すると、今年の1学期の期末テストはチャンスです。例年より短いテスト範囲を、じっくり学習に取り組んでテストに臨めば、いつもよりも良い点が得られるはずです。そのような状況もあり、今年度の1学期の期末テストは、2日間で実施するようにしています。

 

まだテスト期間の前半です。まずは、テスト範囲の全体像をつかみ、各教科どのような学習に時間を掛けるか計画を立てましょう。無計画にテスト勉強をすると、どうしても自分が得意な教科に時間をかけてしまい、「やった気になる」だけの場合があります。苦手分野にしっかりと向き合えるかどうかが、分かれ道になるでしょう。

 

いずれにしても、まずはテスト後に提出するワークブック類を仕上げることが先決です。先生が作る定期テストは、多くの教科でワークブックと似た問題が出されます。ワークブックをじっくり解くことが、問題に慣れることにつながり、実は一番効率の良い勉強方法といえます。一番やってはいけないのが、テスト・提出の期限を過ぎてから先生に催促されてワークブックを解くことです。これでは、テストの点にもつながらないし、課題提出の評価も下がってしまいまうので、何もいいことはありません。

勉強することに迷ったら、まずは提出するものを仕上げることを優先してください。

 

保護者の皆様、お子さんへの励ましをお願いします。